就活情報

就活のガチ面接中にしつこく逆質問しまくったら面接官が意外な反応だった。

しゅん
しゅん
どうも!しゅんです!こんにちは!
しゅん
しゅん
今回はNAIMONOっていう会社に来ていて実際に社員の方に面接をしていただこうと思います!
下川さん
下川さん
NAIMONOの下川です!よろしくお願いします!

企業紹介

NAIMONOは企業の急成長に伴う学生の大量採用の支援や企業の魅力の抽出、大手企業の高学歴学生の採用支援などを課題のヒアリングから選考フローまでを幅広くサポートしている会社です。現在はジョーカツという地方学生の就職支援を行うサービスも行なっています。

面接内容

生い立ちについて

しゅん
しゅん
それでは面接の方をよろしくお願いします!
下川さん
下川さん
はい!それでは最初にうちの面接では、あなたの今までの生い立ちを紹介してもらっているのですが福田さんの生い立ちを紹介してもらってもよろしいでしょうか?
しゅん
しゅん
わかりました。

1997年に石川県金沢市で生まれまして、長男で
お姉ちゃんが1人いるんですけど。で、生まれました。小学校の時は、少年野球をやっていまして。で、ぼくは何かに熱中したらとことんやってしまう性格でして。小学校の少年野球でも野球に熱中して肘を壊してしまって、練習しすぎて肘を壊してしまったんですよ。で、野球をあきらめ。で、中学校に入るとバスケに転身したんですけど。バスケでもちょっと熱中してほぼ毎日朝6時から学校に行って夜10時くらいまで私立の体育館に行って練習するという感じで、すごい弱小校だったんですけど。そのなかで、キャプテンをやって県大会に行ったり。で、高校でもバスケを続けてインターハイは出れなかったんですけど、予選で3位くらいになったんですけど。結局それもスタメンにはなれなかったんですよね。で、勉強の面に関しても、中途半端というか中の上にずっとクラスの中でいて受験にも結局行きたいところにも行けずに、部活も勉強も中途半端っていう高校までの生活を送っていて。大学に入って、そんな中途半端な自分が嫌だと思って自分が決めたことを最後まで完結したいと思って大学に通いながら親にも誰にも内緒で受験料をためてほかの大学を目指すっていう仮面浪人て言うのをしたんですけど。そんなかで、自分の決めたことを最後までやり通すという経験ができて結果的に落ちてしまったんですけど。そのなかで、自分が学んだことというか感じたことがすごい強くて。挑戦してよかったなと心から思えて、大学二年からその経験を発信したいということと、その次はちゃんと結果を残したいということでユーチューブを始めました。

下川さん
下川さん
なるほど。なんかその、結果を残したいっていうのは次は何を目指して。どこの結果を残したいと思っていまやってらっしゃるんですか。
しゅん
しゅん
僕の将来の夢は社会に対してインパクトを与え続けれる表現者になることが将来の夢なんですけど。そのために、より、それは結構大枠で、それより大きい規模でやりたいということは常に根底にあって。そのために、個人としてのブランドを高める必要があるなと思っていて。
しゅん
しゅん
ユーチューブに関していうと、今年中に登録者数3万人を達成するっていうことと。夏までに10万人達成すること。で、来年までに100万人達成するということがあります。
下川さん
下川さん
結構大きく出ましたね。

しゅんからの質問

しゅん
しゅん
僕から質問してもいいですか?
下川さん
下川さん
大丈夫です。
しゅん
しゅん
下川さん自身はどうしてnaimonoに入ろうと思ったんですか。
下川さん
下川さん
私実は、中途で入ってまして。
下川さん
下川さん
前職全然違うことをしていて、最初に霜田と話したんですけど。
下川さん
下川さん
びびっときたというか、私はここに入るんだぞと勝手に決めました。
しゅん
しゅん
それで、霜田さんが素晴らしい人間性だったからってわけじゃなくて、一緒に働きたいと思ったっていうことですかね、
下川さん
下川さん
難しいですね。信用できそうだぞとか、ついていきたいなと思えたのは大きな要因の一つではあると思いますよね。
しゅん
しゅん
NAIMONOのなかのジョーカツのサービスとして地方学生を応援するみたいなコンセプトで活動されていますよね。実際に他にも、地方学生を応援する就活サービスっていうのはたくさんあると思うんですけど、そこと何が違うんですか。
下川さん
下川さん
シェアハウス完全無料みたいなのが実は業界初なんですね。サービスとしてシェアハウスの完全無料貸し出しであったりとか。あとは、交通費サポートみたいなものだたりとか、あとは優良企業との縁結びだったりとかをやってるんですけど。シェアハウスを無料で貸し出しているというのがまずジョーカツが初めて。なので、そこでの違いはあるかなと。
しゅん
しゅん
今どこを目指しているみたいなのはありますか。個人視点でもそうですし、会社視点でもどちらでもお聞きしたいです。
下川さん
下川さん
個人的にはそこまで会社の中だけでどうこうみたいなのは実は考えてないです。ていうのも、私あの結婚したくて。結婚願望があって、結婚したら仙台に行こうという話をしていて。今の彼氏と。なので、ここ東京にしかないので仙台に言ったら仕事できないんですよ。
下川さん
下川さん
それまでにちゃんと自分の力もつけてそれを会社にも。もちろん利用してくださっている皆さんだったりとかへの還元もそうなんですけど。会社にもきちんと還元していきたいなという気持ちはすごいありますね。
しゅん
しゅん
そうなんですね。衝撃的だったな。聞いてよかった。
下川さん
下川さん
いえいえ!ジョーカツとかもっと詳しいことは社長に聞いてもらった方がいいと思うんで呼んで来ますね。
しゅん
しゅん
ありがとうございます!
大学一年で起業した話題の社長に気になることを聞いてみた!【タイミー】 会社紹介 タイミーは、「この時間だけ働きたい」働き手と「この時間だけ働いてほしい」雇用主を結ぶ...

今後の展望

しゅん
しゅん
はじめまして。金沢大学3年の福田駿といいます。
霜田さん
霜田さん
NAIMONOの霜田と申します。
しゅん
しゅん
今後、NAIMONOとしてどういう風に事業を展開していくというか。どこを目指しているかという今後の展望みたいなのはありますか。
霜田さん
霜田さん
まず事業活動としては、挑戦者を応援する事業しかやらないっていう風に決めています。プラスアルファで大事にしているのは、わくわくする事業しかやらないっていう風に決めているので。わくわくして面白いなと思う事業だけをやっていきたいなと。
しゅん
しゅん
結構ビジネスのひとたちは社長さんとかは数字。もちろん数字もちろん絶対に大事なんですけど。儲かるのが第一基準にあったりする思うんですけど。それではなく、わくわくすることが第一優先でっていう。
しゅん
しゅん
わくわくする事業をやっていきたい。っていう想いが強いですね。
しゅん
しゅん
なるほど。霜田さん自身が学生時代一番頑張ったことはなんですか。
霜田さん
霜田さん
学生時代一番頑張ったところは、将来会社つくるんだっていう想いがあったのでどうやったら会社つくれるのかなみたいな風に考えたら、今まで来ましたね。

求める人材

しゅん
しゅん
こういう人と一緒に働きたいとかこういう人材を求めているっていうのはありますか。
霜田さん
霜田さん
やっぱ、挑戦心がある子と一緒に働きたいなと思っていて。内容としては、一緒に会社を釣り上げてくれるようなそんな方が今仲間になってくれたらすごくうれしいなと思いますね。
霜田さん
霜田さん
自分でなんか自走式といいますか自分でこうどんどんやっていけるような方に今、本当に急拡大しているペースなので加わっていきたいなっていう風に考えています。

まとめ

しゅん
しゅん
今回はありがとうございました!
しゅん
しゅん
この記事をもっと見たいという方はぜひYouTubeもチェックしてみてください!!

YouTubeはこちらから!!

twitterはこちらから!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です