面接公開

【就活】面接官を納得させる就活の軸の作り方とは?面接が苦手な人へ

しゅん
しゅん
どうも!しゅんです!こんにちは
UZUZの岡本です!よろしくお願いします!
脇本です!よろしくお願いします!
しゅん
しゅん
今回は僕の就活の軸について面接風にお話させていただき、お二人に評価していただきます!

会社紹介

UZUZは若者が自身のキャリアをより魅力的にするために、第二新卒・既卒・フリーターに特化した求人紹介&就活サポートを行うベンチャー企業です。
UZUZのホームページはこちらからチェック!!

 

面接内容

しゅんの就活の軸

しゅん
しゅん
僕の就活の軸は、一言でいうと人です。
しゅん
しゅん
僕自身、ビジネスモデルとか社風ってものはそこまで気にしてなくて。というよりも会社の中の人、もっというと会社で働いている人たちが会社の企業理念に共感をして、ビジョンに向かって本気で取り組んで、一緒の船に乗っている、仲間として働いている会社に行きたいなっていう風に思っています。
しゅん
しゅん
僕自身、個人で活動してきたので、集団で何かの目標を達成するっていう大きなことを成し遂げる経験がなくて、自分自身すごくやってみたいです。会社に所属する意味をそこに感じているっていうところもあり、一番は仲間を作って仲間と一緒に何かを成し遂げる経験をしたいっていう想いで会社選びをしています。

フィードバック

しゅん
しゅん
では、お二人の評価をお願いします!
しゅん
しゅん
ちなみに就活の軸で人っていう人って結構多いと思うんですけど実際どうですか?
有り無しで言うと、しゅんさんの場合は、まあまあ有りって感じでした。
どうゆうことかというと結構、実体験がしっかりしているんですよね。で、YouTubeを1人でやっていて、それで悩みながら試行錯誤しながらやって、それでも成果を出してきた。けれども新しい、自分の新しい、新しい世界に自分をもっと行くためには、チームでやるっていう経験をしたい。っていうところでいってくれたのは、すごく伝わる感じだったので、そういう意味では、よかったかなと思います。
しゅん
しゅん
ありがとうございます。
しゅん
しゅん
その人独自の体験があるといいってことですかね。
原体験が深ければ深いほどいいって感じですね。しゅんさんの場合だと、孤独感が強ければ強いほどいいとか、例えば、人を雇い始めたけど全然うまくいかなくてみたいな。だからこそ、就職するにあたって、そこが、そこを一緒に向かっていける人とやっていきたいとか。上手くいっててもいいんですよ。
ちょっと付け加えなんですけど、例えば人の具体例で、アルバイトでいい人たちと働いてきて、それがすごく自分にとって良かったから人ですはちょっと浅い気がします
みんなアルバイトなんて人が良くて続けている人がほとんどだと思うので。
あともう一つアドバイスすると、どういう志向性をもって、どういうビジョンを持って、一緒に働く人と働きたいのかまで、もう一歩深堀出来ていたらよかったと思います。さっきのだとちょっと広すぎる気がします。
今までYouTubeでコラボしてきた経験とか、企業さんを見てきた経験から、こういう想いを持っている人たちがいいですみたいなものが、もう1個あると、より説得力がある内容だったかなと思います。
要点リスト

・自分独自の体験を交える
・エピソードはより深く

軸を作るためには?

軸を作るためには行動することがオススメです。
しゅん
しゅん
行動っていうのは具体的にはどういった行動ですか?
インターンでもアルバイトでも何かやってみることで、こうゆう分野っていいかもって気付いたりすると思います。
例えば、エンジニアリングやってみたいと思ったらITの勉強を始めてみるでもいいなと思いますし。営業に興味があると思ったら、何かを売るバイトを始めるでもいいですし。
そういう行動を通して仕事の大変さや楽しさが分かって実体験を通して軸として伝えられるものが固まると思います。
要点リスト

・軸を作るためには行動をすることが大事
・行動を通して仕事の大変さや楽しさを知り軸を固める

経験が浅くてもできる軸の作り方

しゅん
しゅん
今、大学4年の人とかはもう直近で就活の軸を決めないといけないとか面接で言わなきゃいけないっていう場合があると思うんですけど経験が浅くてもできる就活の軸の作り方とかありますか?
例えばITを目指す方っていうのは目指した瞬間から勉強を始めるんですよ。
毎日5時間とか勉強をしていって、考えがどのように変わったかとか、どういう面白みがあるかとかを就活の軸としてお話ししているんですね。
就活の軸を決めるのに遅い時期っていうのはないと思っていて就活が終わっても自分の今後のキャリアを決めていく軸として考えてみてもいいかもしれませんね。
しゅん
しゅん
すごいな。その通りだと思います。勉強になります。
軸って私もまだ定まってなくて。仕事をしながら徐々に変わることも踏まえてのアドバイスになんですけども。
今までの自分の幼稚園から大学までの経験をバーッと一回書き出して何があったかていうのを書いていくと自分の嗜好性が分かってきます。
私の場合、テストの成績が上がったり駅伝のタイムが縮まったりすると嬉しく感じることに気づいて、そこから営業にたどり着いたんですけど。
これはあくまで仮で軸はある程度決めて、よし、この中で就職したら頑張ろうって決めることが結構大事かなって思います。
自分ってこういうのは良いな、こういうのは嫌だなってのを一旦、就活で言えること、言えないこと全部含め全部洗いだし、で、その中から面接で伝えるのは就活でいえるところを伝えていただいて、でも言えない部分も大事だと思うから、企業実際選ぶ時に心の中に持っといていただくのが、ズレがなくいいかな。
しゅん
しゅん
なるほど、過去の自分を振り返るっていうのはやったことがないので後でやってみたいと思います!
要点リスト

・すぐに行動する
・過去の自分を振り返ってみて自分の嗜好について考えてみる
・軸を作るのに遅い瞬間はない
・就活まででなく自分のキャリア全体についての軸を定める

オススメの記事もぜひ!!

【就活】人事の最高責任者によるガチな就職面接受けてみた!【ベルフェイス】 会社の紹介 ベルフェイスは、業界シェアNo.1の営業などのビジネスシーンに特化し...

まとめ

しゅん
しゅん
今回はとても参考になりました!ありがとうございました!!
こちらこそありがとうございました!!
ありがとうございました!!

記事の内容が気に入った方はぜひYouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!!
YouTube

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です