面接公開

【就活】人事の最高責任者によるガチな就職面接受けてみた!【ベルフェイス】

しゅん
しゅん
どうもしゅんです!こんにちは
しゅん
しゅん
今回はベルフェイスという会社の人事の一番偉い方にお越しいただいています!
しゅん
しゅん
西島さんよろしくお願いします。
西島さん
西島さん
西島です。よろしくお願いします!
しゅん
しゅん
まだ見ていない方はこちらから!

会社の紹介

ベルフェイスは、業界シェアNo.1の営業などのビジネスシーンに特化したWeb会議システムを開発した会社です。担当者から電話で案内をうけた後、すぐにWeb会議を始めることができます。

ベルフェイスのホームページはこちらから!!

面接官からの質問

大学での活動

西島さん
西島さん
今は、金沢大学で何をこう具体的に勉強したりとか、活動っていうのはどんなことしてるんですか?
しゅん
しゅん
正直な事を言いますと、大学では結構勉強はあんまりしてなくて、そうですね、単位を取る為に、ていうのが本音で笑
西島さん
西島さん
みんなそんなもんだよ笑
しゅん
しゅん
大学外の活動はYouTubeをやっていて、その就活生をターゲットにYouTubeの動画を配信しています。例えば企業訪問であったりとか、社長さんにインタビューしてどういう人材が欲しいのか?とか、そういう就活生が欲しい情報を今動画で発信しています。
しゅん
しゅん
それで最終的に本音がわかる就活サービスとしてブランディングしたいなって思っていて。今、駆け出しなんですけど頑張っています。

なぜYouTube??

西島さん
西島さん
次のステージっていうものを、YouTubeに一旦置こうっていう風にするのって、結構珍しい決断じゃないですか。周りにはなかなかいない決断なのかなって思うんだけど。
西島さん
西島さん
なんか色んな選択肢はあったのその時に?
西島さん
西島さん
要は部活をやるとか、サークルやるとか、バイトやるとか、思い切って留学行く、みたいな選択が大体僕がイメージするものなんだけど。YouTubeだ。って言うのって凄い、ぶっ飛んだ選択だなって思って。
しゅん
しゅん
YouTube一択でした。僕は。
しゅん
しゅん
一つはYouTubeが好きだったっていうのが一つあって。あと地方にいたら大きく世界に対して発信できるツールはSNSしかないなって思っていて。そうなるとYouTubeだなって思ったんです。ブログとかもあると思うんですけど、よりリアルに直接的に自分が伝わるツールが、動画だなって思ったので。まあ、そんなに大それた思いっていうよりは、有名になりたいとかモテたいっていう気持ちが一番大きかったです。
西島さん
西島さん
そうなんだ。まあそれはね、誰しもが持っている気持ちだと思うので。ちなみになんでそんなに、発信したいとかモテたいなっていう思いが強かったの?
しゅん
しゅん
えっと。元々失敗の経験が大きくて。次は成功したいっていうより反骨精神が強くなったと思っていて。
しゅん
しゅん
一年間本気で頑張ったけど結果が出なかった。
だけど、自分の中で成長点は凄い感じれたっていうのを自分の中では思っていて。でも、世の中人が見るのは結果だけだと思うので、次は本当に結果を残したいっていう気持ちが、仮面浪人失敗からより強くなったなって思います。
それで、モテたいとか、有名になりたいっていう気持ちがより大きくなったなって思います。

元々の性格

西島さん
西島さん
結構マイナスのイメージとか、マイナスの情報をあまりこう、外に出せる人っていないじゃないですか。
西島さん
西島さん
結構前からそういうタイプだったの?あんまり気にせずバンバン言いたい事言うタイプか、マイナスな事は気にせずにオープンにするとかっていうタイプだったのかなって。
しゅん
しゅん
まあ、タイプとしてはそっちよりだったと思うんですけど。そのYouTubeを始めてからそのリミッターがちょっと外れたかなっていうのは思ってます。
西島さん
西島さん
なるほど。さらに外れたんだ。それは何で外れちゃったの?
しゅん
しゅん
もうそっちの方が面白いなって思って。あと、ターゲットと、僕の今のYouTube活動の中のターゲットが失敗した人だとか、何かに挫折した人に対してまた新しい挑戦をするきっかけを与えたいって思ってやってるので。
自分が失敗したって事からスタートして新しい挑戦するっていうストーリーを見せていきたいなった思うので。
しっかり失敗したら、ちゃんと真摯に受け止めて自己開示しようというのは思ってます。

オープンマインドの秘訣

西島さん
西島さん
すごいね。なんかこう、なかなかこう失敗を外に出すって勇気が要る行動かなって思うんだけど。
それは、ある意味自分の中ではネタになるというか、面白いなって思って外に出すようになった。
なぜそこまで振り切れるのかなって。なんか、その結構僕からしたら、なんていうのかな、ある意味そこまで振り切るのって結構強い人じゃないと出来ないのかなって思ったりとか。
西島さん
西島さん
なんでそこまで、オープンマインドで、ひけらかせるのかなって?
しゅん
しゅん
僕は、めちゃめちゃ弱い人間で、コメント欄とかもめちゃめちゃ傷つきますし。傷つきながらも、擦り傷を負いながら血だらけになりながら、這いつくばってる感はすごくあります。
西島さん
西島さん
それでも得たいものっていうのは何なの?
しゅん
しゅん
目指すものは、社会に対してインパクトを与え続ける表現者になるっていう、大枠があって。
しゅん
しゅん
より大きい規模で大きな事をしたいっていう大きな夢があって。その為の手段が今YouTubeなんですけど。そのエネルギーっていうのは単純に、多分僕はMだと思っていて。
その目的達成のための苦しい事はちょっと気持ちいいって感じてしまうんです。
しゅん
しゅん
どんなに苦しい事があっても、やっとこれ乗り越えたらいけるな、気持ちいいなっていうので。変態なのかもしれないですけど。それがなんかもう耐性が出来てしまってるので、ある程度傷ついても生きてるって感じがしています。
しゅん
しゅん
苦しい事が一種の快感の一つになってるのかもしれないです。
西島さん
西島さん
なるほどね、快感の一つになってるんだ。

自分自身が描きたい世界観

西島さん
西島さん
最後の質問なんだけど
西島さん
西島さん
色んな人に自分の失敗談だったりとか色んな話を伝えていって、多分色んな人に影響を及ぼせる様になっていくと思うんだけど。その最終的に自分自身が描きたい世界観っていうのは、どういう世界観だったら自分の中でハッピーだなっていう風に感じるのかな?
しゅん
しゅん
今現時点で、本気で心の底から思っている社会は、誰もが挑戦できる社会っていうのを作りたいと思っていて。
挑戦する事によって失敗する事も多いと思うんですけど得られることも多いなって思って、その中で出会った人とか得られる気付きだとか学びがあると思うので、色んな選択肢があって自分に合った挑戦できるものを提供して学生が挑戦できる社会を作れたらいいなって思ってます。
西島さん
西島さん
素晴らしいな。いやなんか僕は完全個人的な話だけど。いわゆる、いい大学に行っていい会社に入る、このレールの敷かれ方っていうのはちょっと僕も違和感がやっぱりあって。
西島さん
西島さん
そうなる事が良しとされていて、それから外れた瞬間、ちょっと変な話負け組みたいなレッテルがつくのってすごく僕は嫌で。
西島さん
西島さん
なんか出来る限り下の世代が挑戦していくのを促せるような世の中とか、そこで失敗をしても許容できる世の中っていうのを作っていきたいなっていうのは結構感覚的なものだけど、僕も持っているのでそこの考えには僕は、ものすごく、納得できるというか。
しゅん
しゅん
ありがとうございます。
西島さん
西島さん
ぜひ頑張ってほしいなっていう風には思いました。
西島さん
西島さん
なんでベルフェイスに興味をもったとか、どういうところから魅力的に映ったんですかね?
しゅん
しゅん
5秒で繋がるオンラインの営業が出来るっていうのは、めちゃめちゃ画期的だなって思ったんですけど。
それ以上に人がいいなって思っているのと。変化が凄い感じれるなって思っていて。
しゅん
しゅん
僕の幸せの観点というか幸せの定義が成長率ていうことを、先ほども言わせて頂いたんですけど。それを毎日、自分が大きな裁量をもって変化を作り出せるって環境に身を置けるのがめちゃめちゃいいなって思って。仕事の裁量がでかいという事と、変化を感じれるって所がすごいいいなって思いました。
西島さん
西島さん
ありがとうございます。でも本当に変化はものすごくある会社だと思うし、そういった自分達が想像もつかないような変化を起こしていけるっていうのは、ある意味このベンチャーなりベルフェイスのお仕事なのかなって思ってるので。そこを魅力的に感じてもらえてるのはすごくうれしいなって思います。

面接を終えて

しゅん
しゅん
自己PRだとか、面接のダメ出しじゃないんですけど、アドバイスがあれば教えて欲しいなって思っていて。
西島さん
西島さん
難しいな。ダメ出しとか、アドバイスか。面接・・
しゅん
しゅん
点数つけていただけたら嬉しいです、厳しめの方がいいです。0点とかで全然。
西島さん
西島さん
いやいやいやいや。しっかり調べて来てるのかなっていう風には思ったし。個人的にすごく気になったのは多分コミュニケーション力というか反射的に答える力っていうのは、ものすごく高い人なのかなって思っていて。
西島さん
西島さん
一方で、考えを深めていくって所、結構僕は今回面接の中で、なんで?なんで?っていう話色々してたけど。
そこで聞きたかったのって自分のリアル体験とか、頑張るモチベーションの源泉てどういうところにあるのかなっていうのを聞いていきたくて。それベルフェイスでも大事にしてる観点なので。
西島さん
西島さん
それをこう聞いていく中で、多分汗をダラダラかきながら答えてくれたのかなっていう風には思ってるんだけど。多分ここの思考を深めていく癖っていうのをもう少し付けてもらえると、志望動機とかそういった所に厚みがましてくるんじゃないかなって風に思っているので。
この辺りは結構課題なんじゃないかなっていう風には思いましたね。
しゅん
しゅん
確かに。その通りですね。本当に。めちゃめちゃあれですね、見る目があるというか。凄い。
西島さん
西島さん
こういう質問に対して、こう答えられるようになって欲しいってのはあんまり思ってなくて。
どちらかというと、ちゃんと自分の事を深く知っててほしいなって思っていて。
西島さん
西島さん
例えば、なんで仮面浪人を選んだんだっけ?って話をした時に他にも選択肢って一杯あったと思うんだよね。
親に泣きついてもう一浪人させてもらうとか、仮面浪人をもせずにそのまま大学に進級するっていうやり方とか、多分色んな選択肢あったと思うし、
西島さん
西島さん
もっと言うとそもそも家がそんなに大学に行かなくてもいいよって家庭であれば大学に行かないって選択肢も出来たと思っていて。じゃあそれってなんで大学にまずに行こうって思って、その中でなぜ仮面浪人をしようと思ったか、みたいな、こういったなんとなくやってきた決断の背景をしっかり考えてきてもらえるといいんじゃないかなと。
しゅん
しゅん
なるほど。参考になります。

最後に

しゅん
しゅん
今回は本当にありがとうございました!!
西島さん
西島さん
こちらこそありがとうございました!
しゅん
しゅん
是非他の記事も見てみてください!!

 この記事についてもっと詳しく見たいという方は是非YouTubeのチャンネル登録、twitterのフォローもよろしくお願いします!!

 

YouTube

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です